スポンサードリンク





2007年09月15日

コンパクト収納

ダイソンDC12クリーナーはとってもコンパクトに収納



我が家はとっても狭く今までの掃除機は収納場所に困っていましたが、写真の通り狭い空間にすっぽり入りました。

これはテレスコープ型パイプ(テレスコープ)とホースを巻き付ける方法により、小さく、収納しやすい形にすることができるからなんです。

どんな風にコンパクト収納させるのか説明します。


  1. 電源を切り電源コードをコンセントから抜きます(当たり前ですよね(^^;


  2. 電源コードをクリーナー本体にボタンを押して巻き取らせます(最近の電化製品によくあるタイプです)


  3. テレスコープを縮めます。(テレスコープは伸縮可能なパイプで、先端ノズルと自在ホースの中間にある硬いパイプの部分です。通常一般的なクリーナーは2・3本に分離するか、そのままですね)


  4. 先端ノズル(ごみ吸い込み口・これダイソン用語ではクリンエアタービンといいます)をホースから切り離し、ダイソンDC12クリーナー本体後方の溝に差込ます。


  5. ホースはダイソンDC12クリーナー本体から分離することなく本体外周に2回巻きます。クリーナー本体後方にあるホースガイドのお陰でズレません。


  6. 最後に、縮めたテレスコープをクリーナー本体側面の溝に差込ます。



このコンパクトにした状態でホース等がしっかり固定されているので移動しても問題有りません。

ダイソンクリーナーは色々な所がとっても良く考えられていて、ダイソン社の設計思想、誠意といったものを感じますね。

最終的には販売し利益を上げることがダイソン社の使命でありますが、それを達成するにはどうすれば良いのかをちゃんと判っていて、その様な製品を作れる素晴らしい会社ですね。
posted by dyson at 18:47| Comment(14) | TrackBack(0) | ダイソン掃除機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。